絆を感じる!友人関係

優先順位を明確にする

結婚式を挙げるに当たって頭を悩ませる人も多いのが招待客の選定です。一生に一度のイベントだから多くの人にお祝いをしてもらいたいという考えは間違いではありません。しかし、出席者が増えるほど使用する会場の規模も大きくなり、提供する料理など予算が増えていくことになります。金銭的に余裕があるのであれば気にする必要はありませんが、限られた予算内で収めたいという人は出席者の選定を行わなければいけません。とはいえ、ただ漠然と選んでいてもいつまで経っても決められないので、最初にグループを決めるのがコツです。絶対に呼びたい親友、二次会からの参加でOKな友人などいくつかのグループを作って振り分けていくと比較的スムーズに決められます。

日頃の付き合い方を考慮する

招待する友人選びで頭を悩ませることも多いのが過去に結婚式に呼んでもらった人の対応です。招待してもらった手前、自分も呼ばなくてはという気持ちになりがちですが、頻繁に連絡を取り合っていない関係であれば無理に呼ぶ必要はありません。友人の中にはグループで遊ぶ間柄の人もいれば1対1でしか合わない関係の人もいます。結婚式当日は新郎新婦は挙式の準備に追われるのでゆっくりと会話ができないことも少なくありません。新郎新婦以外に顔見知りがいない友人を呼んでしまうと周囲が楽しく談笑している中で孤立させてしまうことになります。結婚式は自分達だけでなく出席してくれた人にも楽しんでもらうのが基本です。当事者に気まずい思いをさせないようにすることも忘れてはいけません。

パパママ婚とは入籍時に結婚式をあげられなかったカップルが、子供が生まれてから挙げる結婚式のことを言います。